Site Overlay

旅が好き

ー 旅とは、定まった地を離れて、ひととき他の土地(場所)へゆくこと

検索すると、こんな言葉が出てきます。

わたしは旅が好きです。
行きたいと思ったところには、何処へでも行きます。

記憶を辿ると、たぶんきっかけは幼少期に観た『アルプスの少女ハイジ』。大きくなったらアルムの小屋に行って、ハイジと同じ景色を見るんだと心に決めていた。当時はそれが本当に実在するのかどうかなんて調べる術を知らなかったから、スイスのマイエンフェルトという地名だけをしっかり覚えた。行きたいな、ではなく、絶対に行けると信じていた。

次に憶えているのは中学校の英語の授業。教科書に載っていたシドニーのブルーマウンテンズのページがとてもお気に入りで、写真から伝わるその神秘的な空気を現地に行って体感したいと思った。海外の文化に興味を持ったのもこの頃だった気がする。英語は得意科目ではなかったけれど、異なる言語を聞いたり話したりするのは楽しかった。

初めての海外旅行は大学1年生のとき。どうしようもなく旅が好きになるかもしれないと思ったのは、スタディツアーで訪れたフィジー共和国での滞在。渡航2か国目で、約10日間くらいの旅だった。見るもの触れるものすべてが新鮮で、圧倒的なカルチャーショックを受け、五感のすべてが震えた。世界が広がったことにとてつもなく感動し、もっといろんな土地を旅したいと思うようになった。

そうやってちいさな好奇心を手繰り寄せていったら、いつの間にか20か国(地域)近くを訪れていた。再訪した場所はいくつかあるけれど、同じ旅はひとつとしてなく、知らないことに出会うたびに旅が好きになる。

 

あの景色が見たい

あのお店の料理が食べたい

あの街の路地を歩きたい

あの美術館に、書店に、喫茶店に、行きたい

あの場所でしか聴けない音楽が聴きたい

 

ほんの少しでも心が揺れたら、できるだけ自分の足で確かめに行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です